新しい美白成分

新しい美白成分

「色白は七難隠す」ということわざがあるように、日本では昔から白い肌が美人の条件の一つと考えられてきました。

美白という概念が本格的に定着し始めたのは1980年代になってからのことで、この頃には紫外線によるお肌への悪影響も次第に認知されるようになってきました。

化粧品メーカーも各社がこぞって美白化粧品を発表し、シミに悩んでいた多くの女性に支持されました。

ただ、この頃は美白ケアと言えば春から夏にかけてのスキンケアであって、通年で美白ケアをするという意識はそれほど浸透していませんでした。

1990年代に入ると「アルブチン」を配合した美容液の発売を機に美白有効成分の開発競争が激しくなり、時代は一気に美白ブームとなりました。

ただ、最近でも白斑問題があったように、高い美白効果を実感できる成分ほどお肌への刺激も強いケースが多かったため、お肌に刺激をできるだけ与えずにしっかりとした美白効果を感じられる成分の発表を待ち望む声は多いのです。

最近では日本では未使用の美白成分を中心に研究がすすめられ、ホワイト377という成分が発表されました。

これはまだ医療用の成分として使用されている状態ですが、皮膚科クリニックにおいてやけどの跡のシミの治療に処方され、1か月で目立たなくなったという事例も報告されています。

この成分はヨーロッパアカマツに含まれるポリフェノール成分をヒントに開発された美白成分で、メラニンの生成を促進する酵素のチロシナーゼの活性阻害効果がコウジ酸やアスコルビン酸(ビタミンC)の2,400倍ハイドロきノンの2,100倍という驚異的な美白効果があるとされています。

また、高い抗酸化力があり、チロシナーゼの活性を促す活性酸素を強力に除去してくれます。

つまり、シミの元ともいえるチロシナーゼにダブルで働きかけてより確実に透明感のある美白肌を手に入れることができます。

さらに比較的低刺激なのも大きなメリットとされています。

現在は、美容皮膚科クリニックなどでシミのレーザー治療の前後にホワイト377を処方しているケースが多いです。

レーザー治療の後はお肌が色素沈着しやすいので、そのケアとしてとフォトフェイシャルのように定期的に何度か通院するケースでは治療と治療の間で処方されるケースもあります。

また、レーザー治療の場合はシミの種類や程度によってレーザーの周波数を変える必要がありますが、ホワイト377はどのようなシミにも対応できるところが大きなメリットです。

2015年9月14日|

カテゴリー:シミ・美白ケア