たるみを解消してマイナス5歳肌へ

たるみを解消してマイナス5歳肌へ

自分ではそれほど意識していなくても、他人から見られているのは圧倒的に正面からではなく横顔です。

横顔はフェイスラインがくっきりと出ますから、老化のサインも出やすいのです。

まずは自分の横顔を鏡で確認してみましょう。

あごまわりや口元のたるみ具合、目尻など気になる部分はどうでしょうか。

思わず目をそむけたくなるなんてこともあるかもしれませんが、ここは現状をしっかりと認識して、もし愕然とするような状況であっても、確認できたことをチャンスとして、さっそくたるみケアを始めましょう。

たるみの主な原因となるのは、加齢によるお肌の奥のコラーゲンの減少です。

加齢によるお肌の老化は誰にでも起こるものですが、そこに追い打ちをかけるのが、コラーゲンやエラスチンの弾力を衰えさせる酸化と糖化があります。

さらにヒアルロン酸の不足により、乾燥や脂肪を支える表情筋の衰えが加わると、肌は一気にたるんでしまいます。

こうしたたるみの原因は密接に関係しあっているので、すべての原因をふまえた対策が必要になります。

対策が一つでも欠けてしまうと、なかなか効果が感じられないということになってしまいます。

たるみの予防と対策には多角的なアプローチが必要なのです。

肌の弾力を守るスキンケアと、表情筋のエクササイズの2つを基本としてコツコツと継続していきましょう。

一朝一夕には変化を感じれれないかもしれませんが、正しい方法でコツコツと続ければすっきりとした若々しいフェイスラインが手に入り、素敵な横顔になるはずです。

2015年7月10日|

カテゴリー:たるみ・ハリケア